人気ブログランキング |

カテゴリ:宮古島( 33 )

シーサー作り

d0112024_17511148.jpg

今日は天気がいい♪と言うことで、
行きたかった郵便局や銀行に行き、薬局やスーパーで買い物!
とハシゴして来ました。

いい天気はよかったのですが、
外は涼しい〜〜というより、肌寒い〜〜と感じるくらいの気温。
なんか今年は調子狂っちゃう感じですよね(。・_・。)

写真は、2003年に初めて宮古島へ行った時に作ったシーサーです。
その時のシーサー作りを紹介します。

雨が降って来てすることがなくなった時、
上野の”太陽窯”という所でシーサー作りを体験しました。

シンプルなシーサーが作りたくて、そういう見本を選び、
簡単に作り方の手順を教わって、粘土と格闘して作りました。
作り始めると夢中になりました。が、難しかったです。

これ、同じ見本を見ながら作ったんですよ〜(^_^;
かなり違うでしょ?

左が私作で、右が旦那さん作です。
旦那さんのは怖い感じで、迫力があります(゚∇゚;)
私のは…なんだか歪んでますよね?
性格が歪んでるのだろうか…(ToT;)

ほんとは口を閉じているのと、開いているのを作る予定だったのですが、
気がついたら二人とも開いてるのを作っていて…
直そうにも手遅れでした。最初に決めとけばよかった…(>_<)

2週間後くらいに、焼かれたシーサーが自宅に届いた時は
嬉しかったなぁ〜。
でも、作ったのこんなのだったけ?みたいな感じがしました。

宮古島には陶芸体験できる所が何カ所かありますし、
雨の時や寒い時などには、最適ではないでしょうか。

手作りシーサー体験、結構楽しめますよ〜(*´∇`)ノ
飾っておけば魔除けにもなりますしね。

もし、もう一度作ることがあれば、
今度はもっとユニークなシーサーを作ってみたいなぁ〜と思ってます(。'-')。
by miyu-booo | 2007-04-27 18:29 | 宮古島

雪塩

d0112024_14391620.jpgd0112024_14192988.jpg














我が家で使っている塩は”雪塩”という宮古島の塩です。
この塩はさらさらのパウダー状のちょっと珍しい塩なんです。
しかも「世界一ミネラルの種類が多い塩」として、ギネスにも認定されています。
2006年にはモンドセレクション・金賞を受賞しています。
(モンドセレクション=世界食品オリンピックとも称される、品質向上を目的とする賞の中で最も代表的なもの)

数年前から我が家の料理用の塩として使用していたのですが、
昨年初めて雪塩製塩所の工場見学へ行って来ました。

お姉さんが元気よく説明しながら工場を案内してくれて、結構楽しめました。
雪塩のいろいろな商品を販売しているショップも併設されていて、
お土産用と自宅用にいろいろ買い込んで来たので紹介しますね。

塩はパウダータイプと顆粒タイプがあり、
うちでは、パウダーの方は天ぷらをした時などに使い、
顆粒の方は炒め物やサラダなど…といった感じで使い分けています。
味はとてもマイルドで美味しいですよ。
工場見学の時に知ったのですが、雪塩を水に溶かして飲んだり、
洗顔やマッサージ、お風呂に入れるなど美容にも使えるようです。
とっても便利な塩ですね〜。
↓左がパウダー状で、右が顆粒状です。違いがわかりますか?
d0112024_14204838.jpgd0112024_1421767.jpg








それに雪塩で作ったキャンディーやちんすこうもあります。
この雪塩ちんすこうはとっても美味しくて、お土産におススメですよ!
ちんすこうが苦手…と言う人もこれなら食べれる!なんてこともあります。
あと、雪塩ソフトクリームを食べました。
ほんのり塩味のバニラソフトはとっても美味しかったです(o^-^o)
d0112024_14221958.jpg
もう一つ、雪塩石けんも買いました。
泡立て用のネットも一緒に入っています。
まだ使用していませんが、”洗顔後は化粧水など必要ないほどつっぱらない”と書いてあります。
使うのが楽しみだ〜♪

宮古島では、飲食店のテーブルなどには必ずと言っていいほど、
この雪塩が置いてありますので、ぜひ使ってみてくださいね!
ミネラル豊富な塩なんて、とっても体に良さそうでしょ〜(*⌒ー⌒)
by miyu-booo | 2007-04-19 14:48 | 宮古島

やーずみ

今日の大阪はと〜っても寒いです。
なんで今頃になって、こんなに寒くなるのー!(x_x)って感じです。
一人で家にいると、すご〜く寒くて布団にくるまっています。
暖房器具はしまっちゃったし、わざわざ出すのも面倒だし…
これしかない…。ブルブル…。
う〜ん、それにしても寒いよ〜(>_<)寒いの嫌いだ〜!!
d0112024_15215254.jpg
 きゃ〜爬虫類嫌いの方、いきなりごめんなさい〜m(_ _)m

写真はヤモリです。(気持ち悪い人ごめんなさい)
宮古島のホテルの廊下で見つけた時に、撮ったものです。
宮古島ではヤモリのことを”やーずみ”と言います。
宮古島ではいろんな所でよく見かけるんですよね、やーずみ。

爬虫類は好きではないけど、このやーずみだけは可愛いなぁ♪
な〜んて思っちゃうんです。なんでだろう?
すべすべした肌の感じと目が怖くないし、壁に張り付く足が可愛くないですか?
襲ってくるわけではないし、虫を食べてくれる役立つ生物です。
「けけけけけっ〜〜」って鳴く声には驚きますが・・・( ゚o゚)
垂直の壁を見事に歩く様は、ちょっと感心しちゃいますよね〜。

ヤモリは家守。
「家を守る」と言う意味のようですし、結構いいヤツなんです。
家の壁にいると縁起がいいのかも。。。!?
by miyu-booo | 2007-04-18 15:56 | 宮古島

マングローブ・・・

d0112024_1475275.jpg

写真は、2004年の宮古島滞在中、
ホテルのレンタサイクルでサイクリングをしていた時に見つけたマングローブ。

日中はさすがに熱いので、夕方からの2〜3時間うろうろしていて、
住宅街から海の方へ出ると、マングローブを発見しました。
鳥たちの餌場や憩いの場所なのか、鳴き声がたくさん聞こえて来ました。
思わず自転車を止めて、鳥のさえずりに耳をすましました。
鳴き声以外はと〜っても静かな場所で癒されました。

ところでマングローブとは、植物の名前じゃないことをご存知でしょうか。
満潮になると潮が満ちてくる潮間帯という場所に生えている、
植物全体のことを”マングローブ”と呼ぶのだそうです。

マングローブには鳥の他にもいろいろな生物が生息していて、
その一つにガザミというカニがいます。
これがとっても美味しいんです。

ワタリガニの仲間だそうで、小さいものは身があまりないのですが、
カニの味はしっかりしています。
私はあまりの美味しさに、殻まで食べてしまったくらいですf(^_^;
(小さいのは殻が柔らかいんですよ!)
ガザミの濃厚な味に虜になってしまいました。
また食べたいなぁ・・・。

マングローブはいろんな生物たちの大切な棲みかなんですね。
いつか宮古島のマングローブで、ガザミ獲りしてみたいなぁ。。。 (。・_・。)
by miyu-booo | 2007-04-17 14:40 | 宮古島

d0112024_14235843.jpg
   ↑吉野海岸の珊瑚礁、この海をいつまでも・・・

2004年に宮古島で水中観光船に乗りに行った時のことです。
待合室で船を待っていると、ダイバーの人たちがオニヒトデを駆除して、
戻って来た所に出会いました。
その時初めてオニヒトデを見ました。
スーパーのかごに入れられた、駆除されたオニヒトデを…。
d0112024_14241271.jpg

これが珊瑚を食べ尽くしてしまうというオニヒトデ・・・。
見た目も毒毒しくて、いかにも悪いヤツって感じでした。
実際に見て、その大きさにも驚きました。




ダイバーの人たちの話だと、宮古島(この時は上野ドイツ村のあたり)
でもたくさんのオニヒトデを見るようになったとのこと。
駆除しても追いつかないくらいたくさんいるらしい。

オニヒトデを目の当たりにし、宮古島の海にも被害が及んでいると知って、
なんとかならないものか…と思わずにはいられませんでした。

今、地球温暖化でいろいろな生態系が崩れています。
大量発生するエチゼンクラゲもその一つですが、
オニヒトデの大量発生も生態系の崩れが一つの原因では?
と考えられています。
珊瑚が食べ尽くされると、その珊瑚に群れる魚たちもいられなくなるということ。
そんな海は見たくない…そう思います。
でも、オニヒトデも生きる為に必死なのかもしれないなぁ…。

人間が作り出した地球温暖化を、人間の手でなんとかくい止めないと…
綺麗な珊瑚礁をこれからも見たい!と思うのは私だけではないはず…。

少しでも地球温暖化を防ぐよう、なんとかしなくては…と思う今日この頃。
とりあえず、スーパーへ買い物に行く時はマイバッグを持参しています。
小さなことでも、やらないよりやった方がいいと思うから。
そう思いませんか?

綺麗な珊瑚礁の海をいつまでも見ていられるように・・・。
by miyu-booo | 2007-04-13 15:04 | 宮古島

宮古スピリッツ

d0112024_15134365.jpg

昨日紹介した本に続いて、もう一つ紹介したい本があります。
まぁ、本というより漫画なんですけど…
それがこの「宮古スピリッツ」です。

以前から気になっていたものの、買うに至らなかったのですが、
昨年の11月の宮古島滞在中、ホテルの土産物売り場で発見し、
1〜4号まで一気買いしてしましいました。
これがまた面白いんです。
宮古ふつ(宮古の方言)を面白おかしく紹介していて、
ギャグ満載の漫画なんですよ〜。

少し紹介すると…
宮古ふつは同じ言い方なのに、意味が2種類以上ある言葉があります。
例えば、「さば」。
「さば持って来て〜」と言われて魚の鯖を持って行くと、
実はさば=草履のことだった…。
そ〜んな言葉の意味の違いに注目してるんです。
これが、なんとも笑えるんですよね〜。
また絵が強烈でおかしい…(* >ω<)=3
それと、宮古島では「ん」で始まることばがあるので、
しりとりが終わらない…など。
でも読んでいると、宮古ふつの使い方の勉強にもなりますよ〜。

昨日紹介した「読めば宮古!」「書けば宮古!」と合わせて、
「宮古スピリッツ」を読めば、きっと宮古島にどっぷりハマってしまうはず〜♪
ちょっと読んでみたくなったでしょ?

次回宮古島へいった時には、5号がでているといいなぁ…
と密かに期待しています。
「宮古スピリッツ」ずみ!!(ずみ=最高)
by miyu-booo | 2007-04-12 15:35 | 宮古島

宮古島通になれる本

d0112024_1541818.jpg
 ↑宮古島の保良川ビーチ綺麗でしょ〜

私が宮古島に初めて行ったのは2003年。
それから2度目の宮古島へ行った時、帰りの空港で1册の本を買いました。
その本は「読めば宮古!」と言う本です。
大阪に戻ってからこの本を読んで、宮古島の奥深さに虜になりました。
d0112024_158456.jpg
この本の内容は、宮古のうわさ話や昔話、宮古ふつ(宮古の方言)、風習や名所、美味しい食べ物などの紹介が盛りだくさんなんです。
正真正銘の宮古人たちが語っているので、コアな宮古島を知ることが出来るんですよ。
しかも読んでいると、その強烈で面白い宮古島(宮古人)に興味が湧いてしまいます。
そして宮古島のことが気になってしまい、気がつけば虜になってしまいますよ。

私はこの本を読んで、
大好きな宮古島にさらに興味を持ったことは間違いありません。
それに宮古へ行った時の参考にもなっています。
また、出会った宮古人にこの本で知ったことを話のネタとして話すと、
なんでそんなこと知っているのか…?と驚かれますが、
宮古人とすぐにうち解けられること間違いないです。

同じ日本なのにこんなにも風習や言葉が違うのか…
と驚くことも多々ありますが、
コアな宮古島を知る1册として、ぜひ読んでみて下さい。
この本には続編の「書けば宮古!」があります。
こちらも盛りだくさんの内容で面白いですよ〜♪

あなたも気がつけばきっと宮古島の虜に、そして宮古島通になっているはず〜!?
by miyu-booo | 2007-04-11 15:49 | 宮古島

癒される思い出作り…

d0112024_14413136.jpg

何度か紹介した吉野海岸にいる吉野のおじさんは、アダンの木陰の憩いのスペースで、ストラップ作りや流木磨きを教えてくれます。
これがとっても楽しいし、旅のいい思い出になるので紹介しますね。
 ↓ストラップとブレスレット
d0112024_14421487.jpgまずはストラップ作り。
おじさんに習ってヒモを編んでいき、おじさんが選んだ貝殻や珊瑚を付けもらって、出来上がり!編み方さえ覚えれば、一人でできますよ。自分でお気に入りの物を拾って来て、付けてもらうのもいいかもしれませんね。
もちろん、自分の携帯電話にはこのストラップを付けています。
友達のお土産にしても、とても喜ばれますよ。
d0112024_14443987.jpg
それから、冬場のたき火をしている時限定なのですが、おじさんが拾って来た流木を焼き、サンドペーパーで磨く”流木磨き”が面白いです。
←表札(ヒモ編みとのコラボ)
真っ黒に焼けた流木の炭を珊瑚の欠片で削ることから始まって、ただただひたすらにサンドペーパーで磨いていくと、とても綺麗な木目が出て来てくるんです。
表面がすべすべになり輝きを増してくると、流木に愛着が湧いてきますよ〜。
そして気がつくと、”磨く”という行為にハマっている自分がいます。
無心になって磨いていると癒される気がして、結構私は気に入っています。
一生懸命磨いた流木アートが出来上がったときは、とても嬉しいですよ。
d0112024_14503036.jpg←癒しグッズ(ツボ押しにもなりますよ)
写真入れや、表札、癒しグッズなどいろいろあるので、ぜひ体験してみて下さい。
この流木磨きも、ストラップ作りも無料です。
シュノーケリングしたあとは、吉野のおじさんの所へ行ってお話ししながら、いろんな物作りに挑戦してみてください。
きっと癒されるはずですよ〜。

うちのリビングには吉野海岸で作った流木アートがたくさん飾ってあります。
それを見て、いつも宮古島のことを思い出すことができるのがいいですね。
by miyu-booo | 2007-04-06 15:11 | 宮古島

岬を見渡す…

d0112024_15452015.jpg

今日の写真は宮古島東平安名崎の岬全体を見渡した写真です。
昨年の11月なので、右のススキが秋らしいですよね。

東平安名崎に行く途中に横道を左にそれると、
この岬を全体に見渡せるポイントがあります。
岬に行く前にちょっと寄って、この景色を見るのもおすすめですよ。

ここからの眺めは、岬が地図と本当に同じ形をしていることが
よ〜くわかります。
そして東平安名崎が”長〜い”というのがわかります。
先の方には、小さく灯台が見えます。(見えますか?)
この眺めをバックに、観光客の記念写真スポットでもあります。
なかなかいい眺めですよ〜。

d0112024_15454626.jpg
ここから景色を見た後に東平安名崎に向かうと、ちょうど夕日が綺麗でした。
海を見ながら夕日を見て、ぼ〜〜っと過ごしました。
夕焼けの中の灯台も、なかなか良かったです。


お正月になると東平安名崎は、初日の出を見に来る人たちで
岬がいっぱいになるらしい…です。
一度はこんな場所で、初日の出を拝んでみたいなぁ…と思います。
by miyu-booo | 2007-04-05 16:19 | 宮古島

シュノーケル仲間?!

d0112024_13103252.jpg

今日の大阪は風邪が強く、とっても寒い。春はどこいったんだ〜(ToT)
花粉も多いようで、軽い花粉症気味の私は先ほどからくしゃみが出て、
鼻がムズムズ…苦しいです(>_<)

写真は以前に吉野海岸のシュノーケルにも載せた魚です。

この魚は、砂浜からわりと近い場所で出会います。
シュノーケルしていると、かなり近くを並ぶように泳いでくれます。
無理に近づこうとすると離れていきますが、なんだか一緒に泳いでいるようです。
目がくっきりと大きくて、泳いでいる私を観察しているような…
そんな感じがします。
でもその目がとても可愛いんですよ♪

そして水中に差し込む光に、キラキラと反射する体はとても綺麗です。
体にある斑点と背・腹・尾ビレの黒いラインがとても印象的で、素敵な魚です。
宮古の海に潜ったら、ぜひ探してみて下さいね。

d0112024_13171182.jpg最後になりましたが、この魚の名前はコバンアジ。
宮古島のあるスパゲティー屋さんで、この魚の写真が飾ってあったので、「何て魚ですか?」と聞いてみると、実はお店の方も知らなかったんです。
で、食事をしている間にわざわざ調べて下さって
”コバンアジ”と判明しました。
そのおかげで名前を覚えることが出来ました。(^_^)vありがたい心遣いですよね。
by miyu-booo | 2007-04-04 13:46 | 宮古島